科学的な根拠に基づいて自ら測定し、職場に合った
化学防護手袋の正しい選定・使用を低コストで実現しよう!

2024年7月16日開催の研究交流会の資料は以下のリンクからご覧ください。
なお著作権法の観点より、発表資料の再配布は固くお断り申し上げます

1. 化学防護手袋研究会の今後の検討内容について 化成品工業協会 上村達也
2. JIS法による化学防護手袋の透過性評価の内容と課題について ダイヤゴム株式会社 山津健司
3. ケミカルセンサー法による簡易透過試験法に関する報告 オリンパス株式会社 福岡荘尚
4. PID以外のセンサーによる簡易透過試験について 東京理科大学 宮田昌浩
5. 簡易透過試験を用いた作業管理例の紹介 株式会社日本触媒 右田雄作
6. ケミカルセンサー法による透過試験実施結果報告 日本塗料工業会 大澤隆英